お墓を撤去するには?

日本で増加している墓じまいとは?

超高齢化社会の日本では、墓じまいをする人が年々増えていると言われています。墓じまいとは、簡単に言えばお墓を撤去することです。遺骨は永代供養墓地に改装したり、他の墓地に移したりすることになります。また、墓じまいをした後に散骨することも可能です。散骨は永久に遺骨を手放すことになるので、その後でお金が発生することがありません。近年はお墓と離れて暮らす人達が多く、手入れができずにほったらかしにされているケースも多いです。このような状況を鑑みて、墓じまいに踏み切る人々が増えています。そもそもお墓として利用できる土地には限りがあり、先祖代々のお墓をずっと守り続けていくことは、少しずつ難しい状況になってきます。墓じまいをすることは、時代に即した手段だと言えるでしょう。

お墓を撤去する時の方法

お骨はあくまでもご遺体の一部という認識なので、墓じまいをする時はそれなりの手順を踏む必要があります。まずは墓地の管理者へ、お墓を撤去する旨を伝えます。同じ寺院の永代供養墓地へ移すのであれば、寺院の管理者が手続きについて教えてくれます。また別のところへ改装する時には、改装許可証が必要です。そして墓じまいで必要となる儀式が、閉眼供養です。これは遺骨をお墓から取り出す際に行われる儀式です。そもそも故人の魂は、お墓に宿っているものです。このため僧侶の手によって、お墓から故人の魂を抜く必要があるのですね。また墓じまいをする時は、お墓の撤去工事も必要です。費用は1平方メートルあたり約10万円とされており、お墓の大きさに応じて異なってきます。